読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
サブカルチャー評論/レビュー/日常

ニコ生用原稿ブログ的な何か。2012春アニメ、紹介します。

 という訳で始まりました、ニコ生原稿にそのまま転用するというなんともお粗末な企画。第一弾は「2012春アニメ紹介」と題して、2012年春期から放送開始のアニメで僕のフックに引っかかったものを紹介していきます。参考はアニメ新番組一覧さんGIGAZINさん。以下放送タイトル全作品リスト(放送開始順)。

 …リスト作っちゃってから言うのも何だけど、僕がピックアップするアニメだけリストにすればよかったのに。参考サイトを参考にしてもらえばいいだけなのに。わざわざコピペしてHTML弄って、僕、馬鹿なの?まあいっか、次回からそうします。ではまず原作有無別にピックアップ。

■オリジナルアニメ

■原作付きアニメ

 以上の19作品を勝手に主旨を拾ってカテゴライズ。スタッフを中心に解説していこうと思います。 本格派アニメ萌えアニメちんつー注目のアニメの3種類。ではどうぞ。

 

■本格派アニメ

 なんて銘打っちゃったけど僕カテゴライズって苦手なんですよね。まあ一応の目安ということであまり叩かないで下さい。

 

f:id:tin2ko:20120319185624p:plain

監督:中村健治
シリーズ構成:大野敏哉
キャラクターデザイン:宇木敦哉
音楽:栗コーダーカルテット
制作:A-1 Pictures
 『怪~ayakashi~ 化猫』『モノノ怪』『空中ブランコ』『C』の中村健治監督、『スイートプリキュア♪』の大野敏哉さん、『センコロール』の宇木敦哉さんという組み合わせ。『怪~ayakashi~ 化猫』『モノノ怪』『空中ブランコ』は中村健治監督が所属していた東映アニメーションで制作されたが、『C』は竜の子プロダクション、そして『つり球』はA-1 Pictures制作になります。宇木敦哉さんはukiという名前でイラストレーターをしていたのが僕の中での印象だが、近年アニメーション制作に意欲的。北海道を中心に活動されている。ちなみに『C』で中村健治監督とタッグを組んだmebaeさんは宇木敦哉さんと親交があり、こちらも北海道で活躍されている。この中村健治×宇木敦哉という組み合わせに、『スイートプリキュア♪』でアニメのシリーズ構成を初めて担当し好評だった大野敏哉さん、さらにピタゴラ装置でお馴染みのNHK『ピタゴラスイッチ』の音楽で印象的な栗コーダーカルテットの音楽がハマるとどうなるのか。非常に楽しみです。ちなみにOP曲担当が大好きなフジファブリックというのも注目ポイントですね。

 

f:id:tin2ko:20120319193837p:plain

 監督:渡辺歩
シリーズ構成:上江洲誠
 何かの雑誌の表紙を飾っててやたら書店でプッシュされてたので印象に残ってます。劇場版ドラえもんシリーズの渡辺歩監督と脚本家の上江洲誠さんの組み合わせ。上江洲誠さんは岸誠二監督とのコンビ作(『瀬戸の花嫁』『天体戦士サンレッド』『神様ドォルズ』2012夏アニメ『人類は衰退しました』)が有名ですが、堅実そうな本作品ではどのような脚本になるのか、注目したいところです。
 

f:id:tin2ko:20120321131416p:plain

監督:渡辺歩
シリーズ構成・脚本:赤尾でこ
キャラクターデザイン:小西賢一
 アニメーション制作:フッズエンタテインメント
 渡辺歩監督は『宇宙兄弟』と同時監督するみたいですね。シリーズ構成の赤尾でこさんは僕の中で岡田麿里さんのライバル格として勝手に君臨しています。キャラクターデザインの小西賢一さんは最近『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』で凄く良い仕事をされたジブリ出身のアニメーターさん。PVで「おっ」と思うカットもあったので、演出アニメとしても注目しています。
 
監督:あおきえい 
音楽:梶浦由記
アニメーション制作:ufotable
 話題作の2期。虚淵玄×梶浦由記といえば『魔法少女まどか☆マギカ』ですね。この世界観を鬼才あおきえい監督とufotableが見事に表現していると思います。ちなみに僕はあおきえい監督の大ファンです。『放浪息子』は最高でしたね。
 

f:id:tin2ko:20120321132259p:plain

アニメーション制作:MAPPA/手塚プロダクション 
 言わずと知れた『カウボーイビバップ』の渡辺信一郎監督×菅野よう子タッグですね。アニメーション制作のMAPPAはマッドハウスからの独立新興スタジオで、本作が初めての大きな作品作りになると思います。個人的に応援したいスタジオなのでここでぜひ知名度を上げて欲しいですね。 
 

f:id:tin2ko:20120321132815p:plain

監督:武本康弘
シリーズ構成:賀東招二
キャラクターデザイン:西屋太志
音楽:田中公平
 京都アニメーションの新作。これ以上の表現はいらないでしょう。劇場版『涼宮ハルヒの消失』で見られた3D的(実写的)なカメラワークがPVで見られますが、これは消失の監督も武本康弘監督だからでしょう。このような手法を多く取り入れてアニメーションの新風となって欲しいですね。

 

■萌えアニメ

 好きですよね?僕も好きです。

f:id:tin2ko:20120321133217p:plain

 渡辺明夫さんのキャラクター可愛い。『プリティーリズム・オーロラドリーム』の2期的作品。
 

f:id:tin2ko:20120321133308p:plain

 どうやら5分アニメらしい。『森田さんは無口。』『リコーダーとランドセル』『しばいぬ子さん』と竹書房は短編アニメに力を入れている。こういう面白い試みは応援していきたいですね。ちなみに3でぃってなってるけど3DCGという意味ではないらしい?
 

f:id:tin2ko:20120321133405p:plain

監督:金﨑貴臣
シリーズ構成:上江洲誠
脚本:森田繁、待田堂子
アニメーション制作:スタジオディーン
 ギャグ&シリアスが期待できるハイクオリティ萌えアニメの2期。上江洲さんは『宇宙兄弟』のシリーズ構成もされてますが、よほど速筆なのでしょうね。あ、「上江洲(うえず)」って沖縄の苗字らしいですよ。
 

f:id:tin2ko:20120321133509p:plain

監督:追崎史敏
キャラクターデザイン:渡辺敦子
アニメーション制作:AIC
 
 か わ い い
 

f:id:tin2ko:20120321133546p:plain

監督:加戸誉夫
キャラクターデザイン・総作画監督:高見明男
アニメーション制作:XEBEC 
 良いキービジュアルだ!
 

f:id:tin2ko:20120321133623p:plain

アニメーション制作:XEBEC 
 良いキービジュアルだ!この2作はXEBECらしいエロい線の作画が期待できるアニメ。また演出面でもたまーにキレのある回があるので見逃せません。

 

■ ちんつー注目のアニメ

f:id:tin2ko:20120321133705p:plain

監督:神戸守
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン:音地正行
アニメーション制作:J.C.STAFF
 『君と僕。』の2期。1期の放送時期を考えると予め予定されていた分割2クール、といった感じでしょうか。イメージとしては可愛らしい絵柄の男同士がキャッキャウフフするアニメ。キャッキャウフフといえば『けいおん!』シリーズですが、シリーズ構成の吉田玲子さんはまさに『けいおん!』シリーズのシリーズ構成をされた女性脚本家さんです。そして僕が注目したいのは神戸守監督!ザ・神戸節が炸裂したOVA『電波的な彼女』シリーズ以来のファンです。ケレン味あふれる演出が特徴的です。このキャッキャウフフな脚本、トリッキーな映像に、『青い花』の音地正行さん×J.C.STAFF。腐向けだろ?と言わずに見たほうが良いと思います。
 

f:id:tin2ko:20120321133741p:plain

アニメーション制作:シンエイ動画 
 NHK Eテレ大!天才てれびくん』内で放送される。『マリー&ガリー』的な扱いになるのでしょう。こういう作品は良策になることが多いので注目です。キャラクターも可愛いですしね ※重要
 

f:id:tin2ko:20120321133812p:plain

監督:山本沙代
シリーズ構成:岡田麿里
キャラクターデザイン/作画監督:小池健
 山本沙代監督(『ミチコとハッチン』)×話題の岡田麿里さんという女性コンビに男臭いアニメ映画『REDLINE』の小畑健さん。アニメーション制作が未発表ですがマッドハウスでしょうかね。キービジュアルが鮮烈です。他のアニメと一線を画す事必至ですね。
 

f:id:tin2ko:20120321133843p:plain

監督・シリーズ構成:佐伯昭志
キャラクターデザイン:桑名郁朗
アニメーション制作:GAINAX
 『ダンタリアンの書架』に続く新生GAINAXの2作目。『ストライクウィッチーズ』1,2期の第6話(エイラーニャ回)を担当された佐伯昭志さん(『放課後のプレアデス』)が監督を務める。これだけで楽しみなのだが、GAINAXの主勢力が抜けた後の最後の砦と思われる佐伯昭志監督の作品なだけに、今後を占うという意味でも注目したい。
 

f:id:tin2ko:20120321133914p:plain

監督:畠山守
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:坂井久太
アニメーション制作:スタジオディーン
 監督の畠山守さんは偽名だそうで、新房昭之監督の流れをくむ方だそうです。演出アニメとして注目したいですね。シリーズ構成の高木登さんは同じくスタジオディーンの『地獄少女』シリーズで良い脚本を書かれていた方。さんかれあのゾンビラブコメをどう描くか、楽しみですね。
 

f:id:tin2ko:20120321133947p:plain

監督:大沼心
シリーズ構成:高山カツヒコ
アニメーション制作:SILVER LINK.
 『バカとテストと召喚獣』シリーズのところですね。大沼心監督は新房監督の流れを引く方ですが、個人的に『ef』シリーズの大沼心監督×高山カツヒコタッグが最高に好きなので、この路線をひた走って欲しいです。
 

f:id:tin2ko:20120321134021p:plain

監督:小野学
キャラクターデザイン&総作画監督:佐々木政勝
アニメーション制作:Studio五組
 『咲-saki-』の2期。『ストライクウィッチーズ』も作ってるスタッフですね。個人的に前作『咲-saki-』での3DCGの使い方が凄いなと思ったので、その辺りの進化が注目されると思います。
 
 
 とまあこのような感じで紹介してきました。他にも下記のように別枠で紹介したいものもあったりします。 

■異色アニメ

 『こいけん!』元々は携帯端末での声優起用恋愛シュミレーションゲーム。携帯配信のみという新しいアニメーションの形として興味がありますが、どうなんでしょうね。その他にも短編アニメとしての『ガッ活!』、秘密結社鷹の爪の新作『鷹の爪NEO』、竹書房の資本主義の犬『しばいぬ子さん』、そしてナディアのHDリマスター。TVアニメーションも豊富ですが、このような面白い形態のアニメーションにも目を向けていきたいところですね。

 というわけで、2012春アニメ紹介、でした!皆様のアニメライフの標識の一つになれれば幸いです。